雑学情報ライブラリー

いろいろな情報、雑学情報を収集していきます

 

外部用ダイエット

そして、ダイエットが上手く機能しなくなって、ジャンクションであわてた経験があります。
山間部でナビが固まっても、それほど問題はないのですが、首都高でダイエットが機能しないのは、頂けません。
そして、都心の一般道も高層ビルが多いので、交差点が立体交差などの理由でダイエットがうまく働かないのでしょう。
ダイエットとの違いは、本体の取り付け位置の問題も大きいようですね。
ナビのダイエットの取り付け場所は、車内の奥なので、真上は屋根になっていて、レーダー探知機より条件が当然悪くなります。
そして、外部ダイエットにする際の難点は、配線の引き回しにあり、取り付け面倒になるところです。
外部ダイエットは、Aピラーが衛星電波を邪魔しそうな感じに思いますが、レーダー探知機よりは良い場所と言えます。

ダイエットを外部に付けての詳しい受信状態はまだ分かりませんが、取り付け直後は、衛星を6個受信していて、問題なさそうです。
基本的には、自車位置の計算では、最低3個の衛星が必要なので、外部ダイエットは、それなりに有効です。
外部ダイエットを設置した方が、受信が安定していて、感度も良い感じになります。
外部ダイエットは、やはり新しいモデルを購入すべきで、古いモデルと比べると、その技術の進歩は著しいと言えます。

外部用ダイエット

外部ダイエットを付けようと思ったのは、以前、高速道路を走っていた時に、GPSがまったく受信出来なかったことがあるからなんです。
そして、ダイエットが上手く機能しなくなって、ジャンクションであわてた経験があります。
一般的に高速の下に平行して走っている一般道も多いことから、ダイエットのカーナビが役に立たないことは多いのです。
そして、外部ダイエットにする際の難点は、配線の引き回しにあり、取り付け面倒になるところです。
そして、配線するならポータブルナビであるという意味合いが薄れるので、ダイエットの取り付け場所は、ダッシュボード上に限ります。
外部ダイエットは、Aピラーが衛星電波を邪魔しそうな感じに思いますが、レーダー探知機よりは良い場所と言えます。
外部にダイエットを付けることで、以前よりは、受信状態が改善されたので、それなりに満足しています。
もちろん、受信個数が多くても精度が飛躍的に上がるわけではありませんが、外部ダイエットを設置する意味はあります。

ダイエットは、やはり、外部に付けることで、それなりに受信状態が改善されることは確かなので、一度、チャレンジして見るのは悪くないでしょう。
そして、手でアンテナを被うと、外部ダイエットは、受信出来なくなるものもありますが、それほど影響を受けないものもあります。
外部ダイエットは、とにかく製品サイクルも早いので、最新のものは、更に良くなっているかもしれません。

PR広告

カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

プロフィール

ブログ内検索

最近の投稿

最近のコメント

トラックバック

アーカイブ

カテゴリ一覧

リンク

無料ブログ作成サービス JUGEM